インタビュー一覧

全97件中 1〜 30件を表示

著者インタビュー


『社長、商標登録はお済みですか? あなたの知らない®の凄いチカラ』

ファーイースト国際特許事務所 所長弁理士 平野泰弘 氏

新刊紹介

日本経済の長引く不況、一生懸命働くことが成功することに直結しない現代。
簡単に儲かる方法があったらいいのに、と夢のようなことを考える人は少なくないだろう。
それを、夢で終わらせないことも可能だと言うのは、ファーイースト国際特許事務所の所長弁理士 平野泰弘氏。
平野氏は、商標登録によって守りを固め、商標権を育てて事業を成功へと導くことが可能だという。
それはいったいどういうことか、また、商標登録で何が得られるのかについて話を伺った。


まずは、この『社長、商標登録はお済みですか?』の出版のきっかけについて教えてください。

平野氏(以下、平野) きっかけは、私たちの事務所にお越しになるお客さま方です。
皆さん、事業を成功させるため、知恵を絞って商品名を含めた独自の商品を生み出していらっしゃるのです。それなのに、その商品名やサービス名、つまり商標、を守ることをしていなかったために、損をしたり、危うく自分の事業を奪われそうになったりして、相談に来られる方が多いのです。
そういったお客さまのお話を伺っていて、商標登録について知らないということの危うさと、商標登録の生み出す利益について、もっと多くの方に知っていただきたいとの思いから出版を決意しました。

つまり、事業を守るために商標登録を行うべきだと提言されているのですね。

平野 そうです。いまは手軽に事業を起こせる時代です。事業というと大げさに聞こえますが、資金が1円でも会社を起こせますし、ネットショップなどは個人でもできます。その反面、権利侵害などのリスクも高まりました。
インターネットの普及で、意図しなくとも世界中とつながっているので、知らないうちに他国の企業の商標権を侵していて訴訟を起こされ、莫大な賠償金を請求されてしまうこともあり得ます。反対に、自分の権利が侵されるリスクもあります。最悪の場合は、自分のアイデアを盗まれた上に、権利侵害で訴えられてしまいます。
そのような思いがけない商標権トラブルを未然に防ぐ手段として、商標登録はたいへん有効です。

リスク回避で事業を守るということですね。一方で、商標権を育てるとは、どのようなことでしょう?

平野 新商品やサービスを世に出す場合、売れるかどうかはまだわかりませんが、商標登録はしておくべきです。
そして必死に営業して新商品を売ります。ここで人気が出れば知名度が上がって、次の商品を出すときには少し営業がしやすくなります。このように無名の状態から知名度を上げることが、商標権を育てることの第一歩です。
次に、人気が上がると出回りがちな模倣品や類似品を抑えます。商標権を行使して、模倣品の販売業者に使用の差止請求を行います。自らの商標権を主張することも商標権を育てる重要な方法です。
こうして、最初は誰も知らなかった商標を、誰もが知っている商標にまで価値を高めるのが、商標権を育てるということです。
これがさらに進むと、他の企業から商標を使わせてほしいという依頼が来たりします。そうなると、ライセンス契約という形で、商標が利益を生む商品のような存在になるのです。
そのようなことも含めて、私は、商標権を得て育てることは、事業戦略上とても大事なことだと考えています。

なるほど。しかし、商標登録は難しい手続きが必要なのではないですか?

平野 そんなことはありません。
商標とそれを使用するジャンルを決めたら、同じジャンルに類似商標がないかを調査し、特許庁に出願すると、特許庁で審査され、合格したら登録、という非常にシンプルな流れです。やろうと思えば、個人でも手続き可能です。
ただし、それなりに時間を要しますし、どこまでが類似した商標と審査されるかなど、経験知がものを言う項目もありますので、私たち弁理士などの専門家に依頼されることをお勧めします。

最後に、商標登録を検討されている方々にメッセージをお願いします。

平野 先ほども申しましたように、商標を登録することで、他者が勝手に自分の商標を使って利益を盗まれることがないよう、事業を守ることができます。しかし、商標権の力を守りにしか使わないのはもったいない、と私は考えます。
商標の世界では、いまの価値がゼロでも、育て方次第で将来の価値には無限の可能性があります。よい商標を登録して、商標権を育て、活用する攻めの事業展開をも視野に入れていただきたいのです。
商標登録をお考えでしたら、とにかく一度、私たちにご相談ください。豊富な知識と経験で、事業成功の一翼を担う商標権づくりをお手伝いさせていただきます。

平野泰弘(ひらの・やすひろ)

1962年11月生まれ。兵庫県出身。日本弁理士会所属。特許庁に対する代理業務の他、特許権、商標権等の侵害訴訟の代理業務に対応できる特定侵害訴訟代理業務付記弁理士。ファーイースト国際特許事務所所長弁理士

大阪大学大学院理学研究科博士前期課程修了後、旧財閥系総合メーカー東京本社知的財産部の社内弁理士を経て、2004年4月に独立開業。

日本国、海外の特許庁に対する特許、実用新案、意匠、商標等の権利化業務に加え、裁判所からの依頼による鑑定業務、東京地裁、知財高裁における訴訟裁判の代理業務等を行う。審査不合格ならば手続費用全額返金という画期的なサービスで業界改革を行った『商標登録革命®』の仕掛け人。

商標登録の出願件数は2011年度全国第3位(日本の特許事務所基準)。年間1000件以上の商標登録出願件数実績を誇る。