インタビュー一覧

全92件中 1〜 30件を表示

著者インタビュー


『なぜ、私たちは老舗管材商社となったのか 「縁をつなぐ」を合言葉に』

橋本総業株式会社 代表取締役社長 橋本政昭 氏

新刊紹介

「縁をつなぐ」ことがなぜビジネスで大切か。「売り手」「買い手」という枠組みを越えたベストパートナーになるのには、「縁」が大切である。それを支えるのは「信頼」であり、橋本総業株式会社の「正直、親切、熱心」という商売の信念そのものだ。
創業から120年の月日を越えたからこそわかる信頼関係構築の過程と長寿企業になるための極意を、橋本総業株式会社の代表取締役社長であり、本書の著者でもある橋本政昭氏に伺った。


まずは、『なぜ、わたしたちは老舗材商社となったのか』の出版のきっかけについて教えてください。

橋本氏(以下、橋本) 今回、私がこの本を書こうと思ったのは、創業から120年以上が経過した今、当社の歴史とそれを支える経営理念を記録に残したかったからです。また、普段目に付きにくい官工機材をはじめとする住宅設備機器、空調機器の歴史というものを多くの人に知ってもらいたいという想いもあり、筆をとることにしました。

貴社が掲げている「ベストパートナー」という理念はどのようにして生まれたのですか?

橋本 「ベストパートナー」というのは、人と人とがつながることでお互いのビジネスが向上する関係づくりを指し、そのベストパートナーとして、我が社が貢献できればよいのではないかという思いです。
私は「卸売業」という仕事についてから、企業のあり方が単なる問屋のままでよいのだろうかという問題について、ずっと考えてきました。「売り手」と「買い手」がもっとお互いに満足できる形があるのではないか。「卸のあるべき姿」とは何か、それに近づくためにはどうすればよいかを考え、改革に取り組んできました。
「売り手」と「買い手」という関係を変えていくのはとても難しいことです。一方だけが得をするという考え方ではなく、みんなにとって納得いく形とは何なのか。そうやって、手探りで少しずつ可能性に向かって進んでいく中で「ベストパートナー」という理念は生まれました。

貴社は120年を超える長寿企業であられますが、何か秘訣はありますか?

橋本 企業の生き残りが厳しい時代になったせいか、時折「長寿企業の秘訣は何ですか?」といった質問をいただくことがあります。そのたび私は「負けない経営をすること」と答えています。
経営理論においては競争に勝つことが重要だという考えがありますが、我われが長年商売を続けてこられたのは、「勝つこと」ではなく「負けないこと」を意識してきたからです。我が社は、常に手堅い商売を心情としています。
他にも心がけていることがあります。一つは「本業から離れないこと」です。競合会社には、倒産した会社がいくつかありますが、その理由を考えてみると、本業からは程遠い、不動産や株などの新規事業に手を出しているのです。
そしてもう一つは「まず自分たちでやってみる」ということです。現在では、自分が動かず人を動かす能力が高いほうが賢いと思われがちですが、我が社は自ら額に汗をかかなければ商売は成功しないと考え、行動してきました。そういった、どんな挑戦のときでも、人との縁を粗末にしなかった姿勢こそ、橋本総業が長寿企業になれた由縁だと考えています。

今後はどのような事業展開をお考えでしょうか。

橋本 今、次の新たな拡業にと考えているのは、環境とエコリフォームの2つの分野です。実はもう動き出しているものもあります。
一つは、東雲総合センターの再度リニューアルです。その当時、太陽光パネルをはじめとするエコ関連商品はサイズが大きく幅をとるものが多いため、実物を見たり、触れたりする場がありませんでした。そこで、そのような最先端の商品を展示して、簡単に実物を確認できるような場があればいいのではないかと思い、東雲総合センターを「みらいエコリフォームセンター」としてリニューアルさせました。
また、産学連携として、慶応義塾大学や筑波大学などとエコの分野の研究も行なっています。
今後も、これまで構築してきた仕組みと設備を活用し、環境とエコリフォームの分野での拡業を進めていきたいと考えています。

本日は、ありがとうございました。最後に読者にメッセージをお願いします。

橋本 今まで私たちが一つひとつの取り組みを成功に導くことができたのは、他でもない、私たちと関係する皆さまのご協力があったからです。これまでの私たちの歩みは、関係者皆さまの歩みでもあると思っています。すでに私たちと共に歩んで来られたパートナーの皆さまには、ここまでの歩みを振り返り、時には懐かしみながら、共に思い出していただけたらうれしい限りです。また、この本を通して、橋本総業を知ることとなった皆さまには、これを良い機会に、ご縁を大切にさせていただければ幸いです。

橋本政昭(はしもと・まさあき)

1950年8月15日生。東京都出身。
1976年東京大学大学院工学系、研究科機械工学(修士)を修了した後、同年4月、住友金属工業株式会社へ入社。
1978年10月橋本総業株式会社へ入社し、副社長職を経て、1990年10月、代表取締役社長に就任。


この内容で送信します。よろしいですか?