インタビュー一覧

全85件中 1〜 30件を表示

著者インタビュー


『理想の旅は、自分でつくる!』

株式会社パーパスジャパン 代表取締役社長 酒井修一 氏

新刊紹介

危ない旅行会社の見極め方やLCCの上手な活用法、ホテル・航空券・現地での移動手段はどのように選ぶべきかについて、旅行コンサルタントが、理想の旅をつくるためのとっておきのノウハウを紹介した書籍『理想の旅は自分でつくる!』について、著者の株式会社パーパスジャパン 代表取締役社長 酒井修一氏に本書の見所と制作への思いを伺った。


――まず、本書出版の目的を教えてください。

酒井修一氏(以下、酒井) かつて海外旅行の不安を解消してくれるものとしてパッケージツアーが爆発的にヒットしました。しかし時代は移り、今ではインターネットを利用することで、かなり多くの情報を取得することができるようになりました。旅行に関するさまざまな書籍や雑誌も発売され、かつてほどパッケージツアーに依存しなくても自由に海外旅行ができる時代になりつつあります。近年増えつつあるこのような個人旅行について、少しでも皆さんの旅が思い出深いものになればいいと考え、本書執筆に至りました。

――書籍の中で、まずは自分に合った旅を探す重要性が説かれています。

酒井 あまり知られていないことですが、旅行には三つの形態があり、それがいわゆるパッケージツアーといって皆さんが想像される「募集型企画旅行」、その逆で旅の企画はすべて自分たちで考えホテルや航空券などの手配のみ旅行会社に代行を依頼する手配旅行、そして私たちがご提案している「受注型企画旅行」というものがあります。それぞれにメリット・デメリットがありますが、「募集型企画旅行」は最も楽で安心ですが、すべて決まっているゆえに自由が利かないという問題があります。一方、手配旅行は自分たちで企画を立てるので自由度はありますが、旅行会社は手配するのみなので、さまざまなトラブルの際には自分たちで対応しなければならないというデメリットがあります。受注型企画旅行はお客さまのご要望に応じて旅行会社が企画をつくっていくので、募集型企画旅行と手配旅行のよい部分を組み合わせた旅行形態だと私たちは考えています。

――個人旅行の最大の魅力はどのような部分だと考えられますか。

酒井 どんな旅行でもつくることができるという点です。本書の終章で旅行記としてご紹介していますが、あまりツアーとして組まれないような少し変わった旅行先にも行くことができますし、自分の行きたいこと、やりたいことだけに専念できるので、興味のない観光地巡りやお土産店巡りなどで余計な時間を使いません。また、体調や気分に合わせて旅行先で自由に予定を変更できることも魅力です。昼食は地元の人も通うような安いファーストフード、夜は有名店を予約して高級料理を食べる、というアレンジも可能なので、旅にメリハリをつけることもできます。また、自分が主体的につくって楽しむ旅は、思い出として強く心に残ります。パッケージツアーで受動的に巡る観光地などは、旅行から帰ってきてしばらくすると、「結局どの観光地に行ったんだっけ」と思い出せないことも多いのではないでしょうか。

――旅づくりの中で最も大切なことは何だと考えられますか。

酒井 私たちが旅づくりで最も大切にしているのは、その旅の目的を決めることです。まず旅の目的を決めて、その後、コストの配分を考えながら細部を決定していきますモンサンミッシェルで絵を描きたい」と思うなら、「絵を描くこと」が旅の目的です。目的を明確にすれば旅はつくりやすく、旅行に行った際の満足度も上がり、コストも納得のいくものにできるでしょう。

――最後に一言、メッセージをお願いいたします。

酒井 夢を叶えた旅人たちの旅行記をご覧いただければわかると思いますが、オーロラを見た後でバードウォッチングを楽しんだり、ぶどうの収穫に参加したり、福祉施設の視察旅行に出かけたりと、個人旅行には無限の可能性があります。そうは言っても、語学力に不安がある、どのように旅を組み立てればいいのかわからないという方には是非一度本書をお手にとっていただければと思います。旅行会社の見極め方やホテル、航空券、移動手段の選び方、LCCの上手な活用法や旅行時期の設定など具体的な旅づくりのノウハウについては第二章で、海外で想定されるさまざまなトラブルとその対処法については第三章で解説させていただきました。本書が少しでも皆さんの旅を快適に、思い出深いものにすることに役立てられれば幸いです。

ありがとうございました。

酒井修一(さかい・しゅういち)

株式会社パーパスジャパン代表取締役社長
1990年、ヨーロッパの地上手配会社・ユニバーサルトラベル・エージェンシーの日本オフィスを設立。南仏プロヴァンス、南イタリアなどのディスティネーションPR ツアーをさまざまな旅行会社へ企画提案。数々のテレビ番組、雑誌等の海外取材に協力。2000年に旅の目的にこだわる旅行会社パーパスジャパンを設立。一般販売を開始し、個人旅行を中心としたこだわりの旅を企画販売している。


この内容で送信します。よろしいですか?