インタビュー一覧

全100件中 1〜 30件を表示

著者インタビュー


あなたは、あなたの経営者
五体は社員、人生が決算書。

『人生経営論』

あなたは、あなたの経営者

久米信廣・岡田晴彦 著

10月3日、久米信廣氏(第三企画株式会社 代表取締役社長)と弊社の編集責任者・岡田晴彦の対談集が出版された。
書籍のタイトルは『人生経営論』。書籍のテーマ、また、今回の書籍の制作・発刊について、著者であるお二人にお話を伺った。


――二人にとって初めての対談集という書籍の形態になりますが、対談となった理由は何でしょうか。

岡田晴彦(以下、岡田) まず、最初に私から出版のご依頼を申し上げました。ちょうど、久米さんもこれまでのご著作をまとめたいということで、トントン拍子で話が進んでいきました。お話を伺い、ベースとなる構成案作成をスタートしたときに、久米さんから「対談集にしたらどうでしょう?」というお申し出をいただき、ずいぶんと悩んだのですが、せっかくの久米さんからのお話でしたので喜んでお受けすることにしました。

久米信廣氏(以下、久米) どのような本にすべきか一生懸命考えていくうちに私が思いついたのは、読みやすくて、ライブ感がある書籍にすることでした。私が必死に書くよりも、対談のほうが読者も読みやすく、スムーズに入れるのではと思ったのです。

――この書籍のタイトルは『人生経営論』とされていますが、読者はどのような方を設定しているのでしょうか。

久米 私たちは、自ら選んで地球に生まれてきたわけでも、すすんで日本に生まれてきたわけでもありません。性別も同様です。気が付くと今の自分があった、家があった、親がいた、国があった、そして地球があったのです。
しかし、私たちは、次の三つの事実を背負っています。
誰もが一回しかない人生を生き、必ず死ぬということ。そして、その時がいつかはわからないということです。
そうやって、突き詰めて考えていくと、私たちが自分で決められるのは、「何のために生きるのか」だけなんです。
それでは一体、私たちは何のために生きるのでしょうか?
この質問に、すぐに答えられる方はそう多くはないはずです。
何のために生きるのか?
一言で言うと、私の答えは「幸せになるため!」です。
幸せになるというと、経済的な要因が思い浮かぶ方もいることでしょう。しかし、私にとって「お金」は幸せになるための決定的要因ではありません。
つまりその解釈が、幸せと不幸の分かれ道なのです。
この「幸せになるヒント」を皆さんに提供したいとの思いから、私はこれまでさまざまな文筆活動を行なってきました。そうした活動を整理し、まとめたいと考えているときに御社の岡田編集長にお会いしました。
「一緒に本を作りましょう」とのお誘いに、私も腕まくりして臨みましたが、なかなか筆が進みません。そこで、提案したのが岡田編集長との対談でした。
岡田さんはこれまでに何百人という経営者を取材し、300冊以上の書籍や雑誌を世に送り出してきた編集者です。 
おかげさまで私は自由に語り、岡田さんがそのテーマを整理し、私の言葉を広げたり、深くしたり、考察したりしながら、わかりやすく展開する。そうした作業の積み重ねで本書は出来上がりました。

――そうした、今を生きるすべての方が読者ターゲットということですね。

岡田 そうですね。特に、仕事をされている方。会社や組織で働いている方たちを念頭において、この本を編集させていただきました。また、誰にでもわかりやすくするために、注釈を数多く入れ、読みやすくすることに注力しました。

――帯の「自己啓発書を100冊読んでも変われなかったあなたへ」というテーマには、思わず、「クスッ」となってしまいましたが、これは編集部で考えられたのですか?

岡田 はい、その通りです。久米さんには気に入っていただけなかったんですが、この本を表現するには、一番面白いキャッチだと思ったのです。
久米 だって、自己啓発書を100冊以上も読む人なんていないでしょ。
岡田 この本は、それだけ面白くて、悩んでいる多くの方たちの手助けになる本だと確信しています。

――久米さん、最後にぜひメッセージをお願いします。

久米 今の社会は、本当に複雑極まりない問題だらけです。それでも私たちは生きていかなければなりません。
自分の人生を経営できるのは自分だけ。あなたは、あなたの経営者です。そして、この五体は社員、どう活かすかはあなた次第です。
ぜひこの本を読んでいただき、「何のために生きるのか」を私たちと一緒に考えていただければと思います。どうぞ宜しくお願いします。


久米信廣(くめ・のぶひろ)

1951年1月徳島県に生まれる。1978年日本大学芸術学部卒業。1980年第三企画株式会社を創業、代表取締役就任。1989年日本不動産野球連盟を結成、RBA野球大会を主催。任意団体として社会貢献活動RBAをスタート。2000年NPO法人RBAインターナショナルを設立、理事長就任。2006年明治大学大学院政治経済学研究科博士後期課程修了。経済学博士。

岡田晴彦(おかだ・はるひこ)

1959年11月東京都に生まれる。株式会社ダイヤモンド・ビジネス企画 取締役 編集長。「ビジネスの現場にこそ、社会と人間の真実がある」がモットー。著書に『絆の翼 チームだから強い、ANAのスゴさの秘密』、『陸に上がった日立造船』、『テクノアメニティ』、『復活を使命にした経営者』、『ワンカップ大関は、なぜ、トップを走り続けることができるのか?』(共著)、『12人で「銀行」をつくってみた』、『食(おいしい)は愛(うれしい)』などがある。